Night Meeting @TOCHIGI

栃木ナイトミーティング

April 25th 某所(栃木県)

special thanks to EXPLIZIT C.C.

北関東エリアで今年一発目のナイトミーティング

週末の夜は、やはりクルマでどこかに出かけたいもの。3月にはイベントも開幕し、これからが本格的なシーズンの到来。ここ数週間で一気に春の陽気となってきたこともあり、これから週末のナイトミーティングも各地で行われることだろう。

 

定期的に行われているナイトミーティングはさほど多くはないものの、地元でもっと盛り上がりたいという仲間が集まり、最近はSNSのタイムラインで気楽に日時を連絡しあって開催することが多いようだ。

 

もちろん、場所の確保や周辺への影響にも最大限の配慮が必要なことはいうまでもない。

 

4月末に開催されたこのミーティングは、以前にもこの付近で頻繁にナイトミーティングを企画していたEXPLIZITのメンバーによるもの。実に5年ぶりに開催したとのことで、地元のみならず東京から宮城まで広範囲からクルマが集まっていた。

 

21時からスタートしたこのミーティング。残念ながら23時前には街灯が消灯してしまい、暗闇となってしまった。しかし、これを逆手に取った参加者達は、それぞれヘッドライトを点灯させたことによって、独特の場の空気を演出。

 

ナイトミーティングらしい非日常感がさらに感じられて、これはこれで偶然にもとても面白いものだった。

 

主催の趣旨としては、ジャンルの枠は設けずに誰でも参加フリーというスタンスだったこともあり、様々な車種やカスタムが集まっていて、かなりの台数となっていた。

 

意外にも真冬を思わせるほど気温が下がった夜だったが、ピーク時にはかなりの熱気を帯びたミーティングだった。

 

そしてAM1時を過ぎたあたりから自然解散となった会場内では、このナイトミーティングを企画したEXPLIZITのメンバー達が、それぞれにゴミ袋を片手に広い会場内をくまなく歩いていた姿が印象的だった。

 

一般車がほとんどいない場所であっても、あくまでも公共の場所で自由に参加するミーティングは、やはりマナーの問題が非常に重要なポイントであることを熟知しているからこその行動だと思う。

 

これからの季節のナイトミーティングは必須だが、集まれる場所自体は年々減少傾向にある現状で、ミーティングの参加を募る側は最低限このような気配りは必要不可欠である。

A Gallery of Night Meeting @TOCHIGI

Copyright  2014 EXCLUSIVE co,.Ltd. All Rights Reserved.

SITE BY

SITE SCROLL